«前へ [P.1/33] 次へ»  [全488件中  1件-15件目]  最初 / 最後
Category: General
Posted by: webmaster
冬から春への移行のまだ寒い頃に計画していた海外旅行に出かけました。今回は第一希望のスイスは遠すぎるということからキャンセルし、丁度母の一周忌ということからなぜかその前に仏様に関係することをも少し深く知りたい気持ちもあり、タイ旅行を申し込みました。出発までの間、風災の損害や修理問題、仏壇の塗り替え、さらに長年勤務の従業員の退職などの大きな要件がいろいろありましたが、思い切って出かけました。

東南アジアは何か諦念の年齢になってから行く所のように感じていたのですが、今回訪れたタイ国は想像をはるかに超えた国でした。滞在日数は4日間とこれまでの海外旅行では一番短く、費用や期間ではたいへんお手軽な旅でした。ところが一旦足を踏み入れたところ、びっくり!まず第一のびっくりはタイ語の文字。季節柄少し前に庭先のクロソテツの新芽が芽吹いた(それが山野草と思っていたコゴミだと今回初めて認識したばかり)のですが、それに似た感じの字形なのです。シダのようなアラビア語に近いような・・。

次のびっくり!はホテルへの到着が真夜に近い時間だったせいか良く周辺が見えない中、高層ビルの大都会と、屋台が連なる日本の終戦時を想わせるような光景がありました。それぞれ煌煌と電気を輝かせていましたが、一見ゴミ箱をひっくり返した路地裏のような感じにも見えました。ちなみにガイドさんの解答ではタイの電力は水力だそうです。

ということで翌日からの観光日程もあまり期待できそうにない気持ちだったのですが、翌朝からの寺院や王宮めぐりは素晴らしいものでした。金色に光るありがたい仏像やお釈迦様を拝んだり、歴史もよく知らないまま踏み込んだのですが、仏教の人を大切にする心は伝わり、発展途上のたいへんな中大変エネルギッシュな国民性が感じられました。

気候は蒸す真夏日のようで、熱帯特有の暑さに首都郊外へ行くに連れ南方のバナナやヤシ、マンゴウ、パパイヤなどの植物がうっそうとした林に生えていました。川がたくさんあるということで水上マーケットや市場の観光や見学もありましたが、川べりには小さいワニが寝そべり、へビを首に巻いた方方も見られました。生活上の衛生面はまだまだの感じで、冷蔵庫もなく日本ではお祖母さんの時代にあたりましょうか?

人種もアジアの中でもインド人に近い感覚でした。特別な市場でのごった返しぶりはまさにテレビで見たりするインドの風景のようにも感じられ、地図上で確かに近くそれがさらに身近に感じられました。
メイン道路を速度をあげて少数のツアーバンで走行するのはたいへん快適でしたが、車窓の風景は驚きの連続でした。通勤の車でしょうか?トラックの荷台に人がひしめき合うように乗っているではありませんか。またバイクも多く、2人~4人、6人乗りなども見られ、日本でも昔見られた三輪(タクシー)自動車もあり、どれも勢いがありパワーが感じられました。また車窓よりお馴染みの自動車の日本企業の名も見られ、頼もしく思われました。

今回は「美味しい旅」と銘打った旅で、確かに代表的なタイ料理を口にすることができてよかったです。でも辛味が多く加熱されたそれらの食事がおいしくても、生モノを食べる日本の食事とは違います。やはり日本人は和食がないとダメなんだなとあらためて日本食を見直しました。
またタイ式マッサージを始めて受け、2時間弱たっぷりとコリなどをもみ解していただきました。入国前に偶然にもタイ式ヨガの体験をしたことがあり、ますますタイ国の健康への関心度がうかがわれました。

今回は象の現物を見ることはできませんでしたが、皆様もぜひいろいろ歩いたり見たりし、自分の国のありがたさ、厭らしさが明確に感じられる旅をなさってください。




Category: General
Posted by: webmaster
生まれて初めて四葉のクローバーを見つけました!ご厚意により、草取りを条件に無料でお借りしている駐車場に今年はいつになくクローバーが密集して生い茂った感じでした。もしかして四葉はあるかしらんと思いながら探したところありました!蜂が花の蜜を吸いつつ飛んでいるのを目の端に置きながら見つけました。感激です!

null
「幸せの四葉のクローバー」ですが花言葉には他にもいろいろあるようです。一つ葉から七つ葉くらいまであるそうで、四葉は10万分の1の発生確率だそうです。それでは他にもと思い探してみたところ、二つ目も見つかりました!ちょっぴり虫食いですが60有余年の生涯で始めてということはたいへん劇的なことです。劇的なことがこんなふうにすんなり起こる事もあるのですね。

他に、赤み係ったボンボンがたくさんの白い花に混じって数個あるのが目に入り調べたところ、アカツメクサというのだそうです。ご存じでしたか?それも初めてのことでしたが、遺伝や踏まれたりの環境要因で発生する突然変異の一種らしいです。

ちなみにここへ来る前に仏壇屋さんへ足を運び、掃除や塗り替えをした金ピカの実家の仏壇に合う仏具の相談やいろいろな細かい飾り具などを拝見させて戴いたのですが、それにより観察力や心にゆとりができたからでかもしれません。只、申しわけないながら行き掛り上仏壇の掃除と仏具は同じお店ではなかったのですが、何かラッキーでした

皆さんにもクローバーに因んだ良いことが訪れるとよいですね!?

Category: General
Posted by: webmaster
ツツジの季節です。町内の周辺では紫や赤や薄桃色のツツジが咲いています。当館旧道側の庭のツツジが剪定しないまま満開に咲いたので、ちょっと形を整えるため少し刈り花瓶に活けてみました。水さえ届けば切り花としてもしばらく楽しめそうです。たいへん綺麗です!

また館内のスペアミントも鉢や花瓶のも日の当たるところでは元気に育っています。水やりは大切です。

外では恵みの雨に若葉の木々も潤うようです。畑ではじゃが芋の丈も揃ってきました。トマトは2m弱の支柱を立て植え付けをしたばかり。夏野菜の先駆けになるでしょうか?

今年はガーデニング用にハーブや花をと考えていますが、なかなかその進度は見えません。思うようになかなかいかないモノです。無理をしないで楽しみたいと思っています。
Category: General
Posted by: webmaster
今年の竜巻のような暴風により営業用、自家用を含め、いろいろな建物や施設内に損壊や損害を受けましたが、それらの修理が概ね終わりました。マイクロバスの車庫は以前より頑丈な立派な建物になり、マイクロバスも車検に伴いタイヤは大部分新しくなり、安心して運転できる状態です。最近は自家利用より同業他社へお貸しすることも多くなり、今後も同様にご利用いただけます。

新館の方の竜巻様の強風ではぎ取られたような建物外側の配水パイプの一部も、だいぶ前に修理が終わっています。

旧館の屋根瓦や霧除け他軒下関係や窓ガラスなどの修理も済み、ようやく落ち着いた感じになっています。3階大部屋内部の雨の吹きこみによるシミの痕が残っていましたが、それらも障子を張り替えたり、桟の修理をしたりで綺麗になりました。思いがけない今回の雨風災であらためて内部の状態を知る事にもなり、大風の吹くのは偶には良いことかもしれないなどと感じたりもしました。

普段気が付かない掛け軸や畳の下はどうなっているのかなど、生家でありながらそれ以前の営業の歴史がそこはかとなく想い起こされ、知らないことの奥の深さが感じられました。それらについてはまたいつか機会があったらお知らせしたいと思います。

金銭的な支払いは済んだモノ、まだこれからのモノなどいろいろありますが、作業が終了すれば一段落です。今後のことは今後の事でいろいろ検討し、災害に対しての準備を忘れないようにしたいと考えています。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願いいたします。
Category: General
Posted by: webmaster
もうゴールデンウィークも半ばになりました。今日はみどりの日です。みどりの日にちなんで、どんな緑の画像を載せようかと思いましたが、とりあえず今日はこの1枚をお見せします。

円形の黒い瓦の花壇(竜巻様の暴風で外れたり除去した雪止め瓦を利用しました)の中はレモンバーム(ハーブ)です。その横は大蒜(ニンニク)。買った苗と片球植えとの差が出てきました。その横の半円形にはミントがあります。スペアミントに異種の種が付いていたようで、別種のハーブが同時に生長しつつあります。少し葉もしっかりしてきたので、土用が明けたら一方を別場所に植え付けようと思っています。

背後にはカジイチゴの花が咲き、カモミールと思われるかわいい白い花が咲いています。小さなガーデニングができそうです。

それにしても土に植えたモノは育ちがいい!種を買い自分でブレンドした土に播いたオオバは今年は発芽せず、ニンニク畝に昨年のこぼれダネがたくさん発芽しました。只今植え替えの土の準備中ですが生長するかどうかちょっと不安です。

レモンバームは収穫までもう少しの感じです。よい香りがしているので、時間のある時にすかす意味でも葉を摘んでみようと思います。

いや~、分からないもんですね。戴いたハーブの勉強に追いかけられるようです。
Category: General
Posted by: webmaster
ゴールデンウィークの第1日目。何となく外の空気に誘われるように久しぶりに朝のウォーキングをしてきました。ありました!誘いの要因は白藤の花だったかもしれません。藤色のフジは散った後かこれから咲くのか私には区別ができませんでしたが、みなと公園や中央海浜公園のフジはだいたいそんな感じでした。

白い花が好きになる時というのがあるのかもしれません。菜園周辺浦山でも梶イチゴが時を追うように咲いたり散ったりしています。春菊もタンポポも蕗も白い綿のような種に変り、なかなか風情があります。

海浜公園裏の空き地ではキャンプのテントが結構観られました。キャンピングカーもあり、レジャーのようでもあり仕事のようでもあるように見受けられました。公園の松はなぜか枯れたように乱れた形で赤茶色になっていました。全てがそうではなく新芽、松の芯のような新芽が見られる木もありました。山の方を見ると同色の枯れ色が見られました。松でしょうか?竹の秋でしょうか?

海では海水浴場から少し離れた所の海面上に海底と繋がっていると思われる標示のフラッグが目に入り、夏の準備がはじまったように感じられました。深さや危険地点を示すものかどうかはわかりませんが、海水浴の時は旗を越えると危険域になります。


何かちょっとの気持ちで周辺を歩いただけで、これだけの変化を発見し、驚きました。これからはまなすやハマヒルガオの他いろいろな海浜植物も見られます。ゆっくりゆっくりの生態リズムに癒しと寛ぎを感じられること享けあいです。
Category: General
Posted by: webmaster
筍のシーズンですね。ご自分で掘った筍を自家用車に積み、売りに来た周辺の方から筍を買いました。大きなモノを1つと中くらいのモノを1つ。2回目の売りの機会で、前回はちょっと早すぎると言って買わなかったところ、今回はまあまあの期日に来てくれました。車の中の筍を観たところ、大きなモノ、中くらいなモノと20個以上あったでしょうか?土が付、紫の斑点もあり新鮮そのモノで買いました。

筍は掘り出したモノを戴くことが多かったのですが、行商のように直販で買ったのは初めてでした。夏には、枝豆や夏野菜やスイカなどの畑で収穫したモノをそのように売りに来られる事もよくありましたが、スーパーの普及などの時代の変化とともにそんな機会も少なくなりました。

自家菜園や畑で野菜を自分で作るようになるとその苦労や喜びも分かり、また売り物の野菜に対しても観方が変ってきます。それらの野菜から収穫の場である畑の様子を想像したりし、より広く物事を観ることができるようになります。物をより詳細かつ広く知ることで、よりリアルな体験を共有することができるとでもいいましょうか。

話がちょっと逸れてしまいましたが、早速茹でた筍の皮を捨てようとしたところ、筍色の部分をもったいなく感じ千切りにして食べたところ、これが結構美味しい!茹でたては何もつけないでもおいしいモノですね!筍本体は煮物の添えやその他の料理の具材になりますので、旬のお味を楽しみにお出でください。

時間と機会があったら筍掘りも体験したいと考えています。
Category: General
Posted by: webmaster
山々は新緑に混じり山桜が咲いている山容が観られます。周辺の桜はほとんど散り、葉桜か桜の季節は終わったかのようにもみえます。水仙は盛りを過ぎ、チューリップはそこここの畑や家前で赤や黄に鮮やかに咲いています。

そんな風に春の温もりが感じられるようになり、私はかってから予約してあったあの有名な三春の滝桜を観る日帰りバスツアーに参加しました。ところが今年の不安定な季候のせいか、残念ながら期待していた三春のしだれ桜を観ることはできませんでした。1週間ほど前に散ってしまったということで、コース変更で別のしだれ桜を観てきました。

あまり期待はしていませんでしたが、ただ今満開という状態でした!しだれ桜の可愛らしい並木が3kmも続いている新名所で、鉄道敷設の中止、廃線の歴史の後、昭和末期に植樹されたということで、最初はピンクの柳の木のような感じを受けました。トンネルのような所もあり、桜吹雪が舞っていた所もありました。ご存じの方も多いと思われる地名ですが、足を運んでみてまたはじめて知った事が増えました。

もう一カ所も名前だけは聞いたことのある花や樹木の観賞のできる小高い山でした。こちらも1時間くらい歩きまわり、満開のいろいろな樹木の花々を観てきました。派手というのではなく”桃源郷”と紹介された方がいらっしゃり、まさに下り終わった時にはそのような気分でした。一時でも日常から離れ、季節の自然の風に吹かれながら無理なく歩くことは、心身に新しい元気を与えてくれるようです

*画像は春のもみじ。春にもみじが朱くなる品種があるのを始めて知りました。遠くから見るとたいへん綺麗でしたが、桜の季節にと不思議に思ったことでした。出猩々といい、夏には緑になると聞きまたびっくり!
そういえば9月に鎌倉で青いもみじを見て不思議に思い、写真に撮ったものがありました。ようやく回答を得た感じです。

またお土産品を売っている場所もあり、買いたい物は沢山ありましたが、時間や小遣いの関係から私は朝採りのネギ1束¥100や真空パック惣菜などを買いました。大事な旅のポイントですよね^_^

蛇足ですが、一般的なイメージの名所だったため全く山歩きの準備など考えず、ショルダーバッグをリュックのように背負うというちょっとみっともない恰好で小高い山を歩くことになってしまいました。腰が悪かったり身体のバランスがよくない場合には背負うのが一番!というのが持論で、周辺の方にちょっぴり申しわけなく思いながらどなたにも注意されなかったのは幸いでした。

もう少しでゴールデンウィークですが、お出かけの方も多いことでしょう。ご自分にあった計画や準備で楽しく安全な旅行をなさってください。

ちなみに当館に空室もございますので、機会がございましたらぜひご利用ください。
Category: General
Posted by: webmaster
分水桜は通る所により満開に近い状態や葉桜がみられます。

ちょうどこの時、上空でヘリコプターが一定点に留まりながら飛んでいるのが見られ、上空から大河津分水の桜並木を撮影しているのかもしれないと思いました。

・4月7日(土)~4月22日(日)まで信濃川大河津資料館にて特別展示 川と桜と道中の歴史 が催されています。おいらんの衣装や高下駄なども展示されているようです(無料)。

その他、大河津分水展望カフェ(無料)や殉職者慰霊式なども行われます。

詳細については信濃川河川事務所へお問い合わせ願います。   → リンクあり

04/15: 花情報

Category: General
Posted by: webmaster
・寺泊海岸通り402号線沿いにはいつからか桜並木が続いて見られるようになり、お花見もできます。今は白い桜が満開で心地よく感じられます。白い花の咲く桜はオオシマザクラと思いました(大阪造幣局の通り抜けで知った)が、他にシロタエ、タイハク、コトヒラなどの木もあるようです。花びらを観察して識別できたら楽しいですね(4/15)。

・寺泊周辺や長岡周辺の中越では桜は満開か一部葉桜も観られました。与板では紅白の梅のように桜が咲き鮮やかでした.。また長岡市郊外の日当たりのよい田の畔や街路などではスイセンが真っ盛りでした。
越後丘陵公園でもいろいろな植物の芽吹きや開花が観られるかもしれません(4/12)。

当館の山側庭のモクレンが知らぬ間に蕾が大きくなっていました。何十年にも亙り絶えることなく咲き、今年も天に向かい白い花を咲かせています(4/10~13)。木蓮は花期が短く、散った後がちょっと大変です!

寺泊文化センターはまなすの駐車場の桜です。しだれ桜のように見えますが、ソメイヨシノが海風で枝垂れたのでしょうか?綿あめのように満開に見えました!(4/5)

大河津分水近くにある畑の駐車場では土筆の伸びているのが見られます(4/3~4/10)。

日向の斜面はいつの頃からでしょうか?春はスイセン、秋はツワブキが見事に咲いているのが見られます。(4/5現在はほとんど花は散りました)
自家菜園浦山でもツルウメモドキの根元にも毎年、咲きます。昨年、植え替え用にたくさん採ってしまい少なくなりましたが、今年も咲きました。水仙もいろいろな種類が見られ、風の向きで良い香りが運ばれます。

当館駐車場ではチューリップが今年も咲きました.。 4年目のサバイバル球根です赤系のみが残りました(4 /2)。クリーム色は畑脇に植えた球根が何とか生き伸び咲きそうな気配がしたので、植木鉢に植え替え持ち帰りました。茎もひ弱な感じですが、赤色以外が咲き嬉しかったです!(4/11)

この暖かさに日なたの大木の下でアズマイチゲかキクザキイチゲと思われる白い花が咲いていました(3/27)。自然浦山ガーデン(自称)で初めて発見した自生と思われる山野草です。花の命ははかなく数日で萎んでしまい、その後は観られなくなりました。
Category: General
Posted by: webmaster
来る3月25日(日)に寺泊宿泊業組合主催の『春の大盤振る舞い』のイベントが行われます。また寺泊総合型スポーツクラブてらスポ!主催による『健康とスポーツの祭典』も同時に催されます。

会場 寺泊文化センター(はまなす駐車場)
    海浜公園多目的広場(魚の市場通り交差点信号近く)
時間 9:30~14:00

今回は諸事情により当店は出店いたしませんが、「鱈の親子漬」の製造を続けています。特別のご注文が無い限り、今シーズン最後の製造になります。事前のご連絡の上、ぜひご賞味ください。

イベントは雨天も催行です。詳しくはリンクの寺泊観光協会より閲覧ください。

道の駅良寛の里わしま にて つるし雛まつり が催されています。
上記会場では4月1日までですが、4月1日からは柏崎市史跡飯塚邸でも催されるようです。

細やかで温かみのある手作りつるし雛飾りを、この季節にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。エビや大根、極小のさいぼぼなどもあり、楽しく拝見させていただきました。皆さんは何に心を留められるでしょうか?
                                               → リンクあり

++道の駅良寛の里わしま は実は今回が始めての訪問でした。食事付体験教室に参加の目的で行き、周辺の環境の良さを知りました。赤褐色の落ち葉が木の下に絨毯のように綺麗に残り、一方脇には除雪の大山が泥をまだらに被り厳しい冬の名残が感じられました。
その他、美術館やお休み処(食事可能)もあり、癒し空間も体験できます。入り口に迷うかもしれませんので、事前に問い合わせをしてからの方が安心です。
                                                   
Category: General
Posted by: webmaster
久しぶりに日の暖かさを感じてきました。一通り事務仕事を終えたところで、畑へ足を向けたところ、屋根の下ではまだひんやりとし夜は暖房も欠かせませんが、今日の日中は外では少し体を動かすと汗ばむ陽気でした。

そろそろジャガイモを植える季節で気になっていたのですが、暴風の被災後の手配などで毎日、気を抜けない日々でした。ようやく土を掘り起こす作業ができ、春耕の歓びが感じられました。掘り起こしの力強い菜園用新道具により、ゆっくり楽しみながら耕せました。土の酸度調整のため手持ちの有機石灰をまき、3畝の準備の始まりです。

ジャガイモは大根、玉ネギなどと同様、常備野菜なので毎年のように作ります。出来は年によって多少違いますが、大きな失敗がないのがよいです。今年は男爵の他の種イモをまだ用意していないので、早めに買いに行かないといけません。まだあると良いのですが。

去年の作付のダイコンは2畝20本を葉から身(根)まで全て捨てることなく使いました。葉は今回はざっと茹でた後、全部ざく切りし冷凍しました。味噌汁の具材としても炒め物としてもたいへん重宝し、美味しくいただきました。身の方はお刺身の剣や煮物、漬物になりました。

思いがけなく嬉しかったことは、あの大雪で潰れたトンネルの下で息も絶え絶えであった青梗菜が、元気に青色の葉を見せていたことでした。ぬかるみ状態の土でも育つモノなのですね!大きくなるかどうかは分かりませんが、風災等で疲れぎみだった精神に何よりの元気を与えてくれました。

ブロッコリーは動物の食害や大雪で全くダメ、玉ネギやニンニクも今後はあまり成果は望めない状態なので、チンゲン菜が1つの蝋燭のような希望の野菜になりました。今後も見守りながら収穫まで持っていきたいと思っています。

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
先日の暴風の関係もあり、アンテナの具合で旧館のテレビで見れないチャンネルがありましたが、アンテナ修理によりすべてのチャンネルが通常通り、見られるようになりました。

現在、全室のテレビが問題なく見れます。

03/04: 暴風一過

Category: General
Posted by: webmaster
今日は珍しく急に気温も上がり、暖かい日になりました。屋根の下ではまだ冷え込みも感じられ、客室の暖房はエアコンとファンヒーターの2つを使用しています。通路や厨房は冷え込みがあるので、ズボンの上にロングスカートを履いて行動したり外套を羽織ったままのこともあります。

暖かさとはありがたいモノです。日が差し青空が見られるだけでも晴れ晴れとした気持ちになりますが、今日はそれに加え気温が上がりました。このところ続いた暴風の対処の疲れも溜まっていたでしょうか?低め温度でファンヒーターを点けたままうとうとし、おかげで十分休息がとれました。

暴風の被害の屋根の修理は天候を見ながら進められたようで、旧館は一部分を残し応急の対処は済んだようです。ところが今度はテレビのアンテナの不具合が生じています。NHK教育チャンネルの他のチャンネルが見れません!新館は問題ないですが、旧館客室のテレビが部屋により見れないチャンネルがあります。アンテナ修理も混み合っているようで、今週火曜日に業者が工事に来る予定です。それまで旧館和室6畳、8畳はそんな状態ですのでご了承願います。

他にはマイクロバスの車庫に大きな被災が観られました。2階建ての小屋が歪むというのでしょうか?暴風の力で木造の横板、縦板が凹んだり外れたりしました。窓ガラスは割れませんでしたが、瓦が何枚か吹き飛び、シャッターも斜めになりマイクロバスも出せない状態です。

近隣の塀が倒壊しその確認に来られた市役所寺泊支所の職員さんの知らせにより、その後マイクロバス整備の業者や消防署、警察などへ連絡し危急に対してとるべきこを一応した後、外出しても安全と思われた午後、確認に行きました。2階建ての車庫の枠組みは一応残っていたのでほっとしましたが、よく見ると前述したような状況でした。私が現場に到着した時はまだ警察のパトカーが近くに待機していましたが、一応風も弱まってきたのでその後は立ち去られました。

運よく倒壊せず人命に関わる問題もありませんでしたが、今後をどうするかを只今検討中です。この車庫は幸い保険に入っていたのでほっとしましたが、修理にしろ解体にしろなかなか大変そうです。今年は凍結といい風災といい特別です。

/ / / / / / / / /
お隣に人は住んでいなかったのですがその事を知らなかったため、慌てされられました。こういう場合の安全確認等は消防署ではなく警察への連絡になるそうです。直接、家の者が足を向けた時には警察が周辺を廻っていてほっとしましたが。

それにしても傾斜や歪みの建物の修復にもいろいろな方法があるようです。大工さんと相談、検討しながら進めて頂き、只今工事が始まっています。どんな風になるでしょうかね?(4/15)

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
久しぶりに綺麗に夕日の沈むのが観られました。これからはだんだんそういう日も多くなります。天空にもようやく春の兆しが感じられました。


国道116号線への途中の寺泊中学校前平地(畑地)上空では朱鷺かな?とも思われる鳥がゆっくり飛んでいました。飛行の形は朱鷺のようですが、残念ながらトキ色は観られませんでした。


«前へ [P.1/33] 次へ»  [全488件中  1件-15件目]  最初 / 最後