雨が降ったり陽が差したりで暖かい日もありますが、里や山々では順調に紅葉が進んでいます。弥彦山や角田山、そして最近気がついたのですが鋸山とその北側の山並みも、寺泊から山頂付近からの紅葉がうっすらと見えます。その奥には頂上付近が白くなっている山が見えます。ですが画像に撮ると遠すぎるせいか色まで撮れません。

概ねの風景は褐葉といった方が近い色あいです。自動車を運転していると素晴らしい山の色彩の変化が観れますが、紅葉に見惚れて事故を起こさないよう、ご注意ください。

一方平地では湿気が多い感じで、自家菜園の葉菜類、キャベツや青梗菜に泥か黒い虫のようなモノやナメクジを発見しました!畑にナメクジを見たことはほとんどなかったので慌てましたが、1匹だったので早速割り箸で捕獲→塩漬け、キャベツの方は大きな葉が穴だらけになっていたので薄暗い中よく観たら、青虫がいました!食害が凄まじいのでせっかくの巻きはじめた1株を抜き取ってしまいました。調べたら黒いのは虫ではなくて糞のようです。今後を観ながら何か対策をしなければならないようです。新鮮なよい大きな青葉は持ち帰り、自家用加熱料理に使おうと思っています。

気象の先は読めませんが、弥彦の菊まつりも始まっています。上着が必要の日もありますので、風邪を引かないよう準備をしてお出かけください。

  ↓
青虫はキャベツの株間にマリーゴールドを植えたり、専用の殺虫剤を噴射したりしてみました。どこから出てくるのか分からず、なかなか絶滅までいかない感じです。