ワイルドストロベリーの実がたくさん生りました!日が射し温かい日が続くと生長が進むようです。食べると普通のイチゴよりお菓子のような甘さでした。これからは軒下で風よけ、寒さ除けをしないといけないので、日差しは弱くなります。来年の計画を考えさせてくれる株です。

室内に入れた2年目のシャコバサボテンは嬉しいことに蕾をたくさん付け始めました。少し前に摘蕾したタイミングがよかったのでしょうか?このままどのくらい開花するか楽しみです。

柿は概ね周辺では終わりです。菜園脇の柿の木には一つも実は見られなくなりました。が、周辺のツルウメモドキの鮮やかな実が高い所、低い所にびっしり生っています。鳥が大喜びしそうです。

銀杏は実が生らない種らしいですが、雪で小枝が折れ、その後葉は塩害と思われる影響で枯れたようになり、ほんの少し黄葉が観られましたが腰の曲がった苗木のようになっています。復活するのではないかとうっすら期待はしているのですが・・。

人を含め、人工の産物に障害が発生しストレスを溜めていると体調を崩すこともあるので、そんな時は自然の中で癒されることが一番と思います。もちろん人工の癒しの機会もたくさんありますね。

寒い季節を入浴や魚介料理で乗り切るのも一案です。冬期間、当館はご利用客も少なくなりますので穴時季?かもしれません。尚、ただ今、調理者、応対者の対応に少々不都合が生じる場合がございますが、その点をご理解の上お気軽にご利用願います。