低気圧の影響で今日は昼前から暴風雨に変りました。お天気予報では今晩から雪や吹雪の予報になっていますが、現在午後6時半過ぎでは強風も弱まり小雪が降っています。今回は太平洋側では雪が降り、交通機関や自動車道路に大きな影響が出ましたが、その後はどうなのでしょう?放送がないと復旧したように思ってしまいましたが・・。

一方、群馬県では白根山が噴火しスキー客や自衛隊員がケガをしたり、亡くなられた方もいらっしゃるようです。突発的に起こる自然災害の恐ろしさをヒシヒシと感じます。皆さんの所ではいかがでしたでしょうか?

当館関係では、お隣さんの小屋が暴風で吹き飛ばされ横倒しになり、屋根が当館女子浴室の中庭(坪庭)のブロックに寄りかかる形で倒壊してしまったようです。お隣さんから電話があった時は当館の屋根瓦等が飛んだりしお隣に損壊が生じたものかと心配しましたが、今回はそうではありませんでした。どのように暴風が吹きそのようになったのかわかりませんが、建物の土台は残ったようです。そのような形は近くで見たことがなかったので、びっくりしました!

幸い、それによる当館の建物損壊などの被害は今のところなく、庭に植えてある南天や柊(ヒイラギ)が効を奏したのかもしれないと感じたりもしました。お隣さんの崩壊した小屋の屋根の残存物は当初暴風で対応が無理と言われたそうですが、しばらくして建築会社が撤去していかれました。

前回の暴風雨で落下した瓦や損壊した屋根の修理が、候の関係上まだ手が付けられない状態ですが、今日の暴風では幸い変りなく、雨漏りなどもなくほっとしています。ですが、これ以上の被害が今後発生しないとも限らないので、注意しようと思ってます。今回は残念ながら旧館の建物の保険に加入していなかったため大きな出費になりそうですが、修理が完了した時点で早速加入は必要ですね。只、木造は鉄筋より保険料が高くなるようです。

「備えあれば憂いなし」はタイミングもありますが、大切なことですね。