«前へ [P.2/32] 次へ»  [全480件中  16件-30件目]  最初 / 最後
Category: General
Posted by: webmaster
朝から強風の吹く大荒れになっています。雨は少なく暴風といってよいような西風が吹いています。

今朝、鱈の親子漬の手作り看板スタンドを旧道側店頭に出そうとしたところ、出た途端、道路を挟んだ向かいの電線が暴風で切断する瞬間に遭いました!電線が切れるとピシッという音がし青白い光を発するのですね。幸いというか山側の電線だったため、当館には影響はありませんでしたが、向かい側の住宅では停電になったのではないでしょうか?

たった1本の電線のようでしたが強風に揺れていたので、東北電力に念のため電話でお知らせしました。山側は空き家が多いためか、まだ停電の通報はその時はなかったようでした。

明日からは雪の荒れ模様の予報になっていますので、十分気を付けましょう。

ところで、今日はこんな季候で今後は立春まで籠りぎみになりそうなのでtwitter を復活させていただきました。寒のこの季節には何か呟いたり、お知らせしたくなるささやかな事も出てくるかもしれません。今日はちょうどホームページの担当者が訪れたので、早速開通していただきました。

時々は開けたいと思います。
Category: General
Posted by: webmaster
今日のお天気は朝方は風花のような雪が舞っていたと思われましたが、後に曇りや雨になったりしました。喪中で何となくいつもより気分も伸びきってしまいそうで、今日で新年も5日であることに気ずき、頑張ってブログに向かいました。

さて、年末年始に新巻鮭やお雑煮はいただきましたか?年の要の新巻は毎日いただいても良いほど美味しいですね。今年も日々、塩を利かせ餅のように粘り強くいきたいものだと思います。

まだ松の内ですが、少し仕事にエンジンをかけなくてはと思い始めたのは税理士さんが来られたからもあります。そのため昨日は慌てて書類整理をしたりしました。なかなか以前に比べると経営はキビシイですが、嫌いな仕事ではないので、数字や計算以外にも意義や生きがいを求めながら趣味の楽しみを織り込み、今年も頑張っていけたらと考えます。

営業の方は変らず、宿泊や日帰り休憩、鱈の親子漬の製造を続けています。鱈の親子漬は只今が一番おいしい時季ですので、ぜひ一月のお節等にご賞味ください。

お部屋利用のお客様が少ない時はいろいろ勉強の時でもあります。手作り味噌は地下の専用タルの中で静かに発酵しているようです。蓋を開けるとよい味噌豆(大豆)の香りが発ちます。味噌作りで余った麹を落ち帰り、甘酒や魚類の酒粕漬や塩麹漬をしたところいろいろな発見がありました。

酒粕漬けは真鱈で仕込んでみました。今回はある酒造会社さんのレシピに従ったところ、酒の香りの発つ美味しい焼き物になりました。甘酒の方は賞味期限があるということに気ずかされ、只今冷凍した状態で保存しています。麹は生モノに近いですね!塩麹については近いうちに鯖で試食の予定です。

null
畑の方は冬は眠っているかのようです。が、嬉しいことに球を植えたニンニクは土筆のように伸び始めました。キャベツ、大根は食べ始め、玉ネギは中てに生るかどうかといったところ、青梗菜は暖かくなっても収穫はムリのように感じられます。

そんな2018年、平成30年のスタートしたばかりの寒に向かう時節ですが、自然の生き物や降りかかる社会問題のいろいろと向き合いながら、今年も頑張っていきたいと思っています。

今年も宜しくお願いいたします。
Category: General
Posted by: webmaster
今年も残すところ5日あまりになりました。新巻鮭の姿も見られ、いよいよ押し迫ってきた感じがあります。新巻鮭を目にし忘れていた荒海が蘇りました。子供のころには普通に見ていた鮭の勇壮さが思い出され、家の中で師走、年末の所用に追われていると、大洋を回遊し産卵のため川の上流に回帰するという、神秘的ともいえる鮭の生態のことなどすっかり忘れていました。

鮭は一番日常的ともいえる魚になり、特別に興味、関心を寄せることもなくなりがちですが、この季節にはやはり見直してしまいます。獲れる場所により美味しさが違うようですが、塩をしっかり滲みこませた新巻鮭は何ともいいようがないです。今年は親戚や近いお付き合いの方方、遠い昔の方方でもなじみのあった方方には年賀を欠礼させていただきましたが、営業は行っております。

宿泊のご利用も可能になっておりますので、魚の市場通りのアメ横のお買い物や寺泊の名産などをお楽しみに巡るのもよいと思います。ただ天候はこの季節、新潟県特有の荒れ模様のどんよりとした湿った日々が多いですので、お出での際は暖かい服装で十分気をつけてお出でください。

久しぶりの野菜情報を少し。地球温暖化のせいでしょうか?雪よりも雨が多く、菜園では水捌けの悪い土壌に水が溜まりがちです。数年来の自家製堆肥利用で畝はそうとう軟らかくなり、収穫の大根を引き抜いた痕にも水が溜まるような感じです。そのせいか大根はどの大根もまっすぐ育ち、味はたいへん甘くなっていました!大根おろしで感激しています。

キャベツは現在赤ちゃんの頭位の大きさです。こちらも美味しいのではないかと思われますが、このサイズではもったいない気がしてそのまま置いてあります。土中の虫や凍みにやられないよう、注意しながら収穫期を楽しみにしています。

皆さんも健康に気をつけて、風邪など引かないようご注意くださいね。

Category: General
Posted by: webmaster
雪は降っていませんが、雨風の寒い日が続いています。そんな時は屋内で何かするのが一番だと思いますが、いろいろ外出する用も多く、なかなか館内の用も中途半端になったりします。それでも館内のいろいろなところに目を通すといろいろな物があることに気づかされます。

南天は以前お目に掛けたことのある菜園脇の南天ですが、雪で折れることが予想されたので残った1枝を切り取ってきました。そのままバケツに溜めた水道水に浸けたままだったのですが、もったいない気がし造花と活けてみました。1枝だけなので旧道側玄関で飾っても観る人は配達や配り物をする人や従業員だけなので、丁度よい気もします。「難が転じる」とよいです。

赤い色はその上の額縁の魚拓にも光が差す気もします。普段見慣れていると気が付かないものですが、大変立派な真鯛ですね!こんな額縁もあったことをあらためて感じさせられました。

他にもドライフラワーや蔓のループを使って飾り付けたり、別のにはクリスマスツリー風に飾りつけをしたりと切っ掛けがあるとどんどん進みます。出来栄えはともかくとして、気候も景気も寒いシーズンは身体や手足を動かし心が凍らないようにしたいものです。

「鱈の親子漬」の製造はこのシーズンは在庫切れがないようにしておりますが、浸漬に時間を要するものなので、できましたらご注文はご予約願います。

私的には味噌作り後は甘酒作りや塩麹を仕込み中です。鯖の酒粕漬の他、鰤や豚肉類の塩麹漬はどんな風になるか楽しみです。

* * * * * 
整理を始めたところ、丁度それ用に使える厚紙がありを手作りしてみました。型紙がインターネットで見つかる便利な時代です。2枚を貼り合わせたりといろいろ細かい工夫がありました。

贈り物や百円ショップ品やあり物でいろいろ飾り、オリジナルのオーナメントになりました。

ところでこちらの木は何の木でしょうか?相当前に光触媒の観葉植物と言われたのですが、ユウカリに似ているような・・・?

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
今日は午前中は晴れになり気持ちの良い季候でした。7日の積雪が残るまま畑へ足を運んでいなかったのですが、午前中の仕事を一区切りつけ、少し陰り始めたので慌てて行ってみました。

先日の雪でブロッコリーや青梗菜にかけたトンネルの不織布が押しつぶされたようになっていたのを補修するためだったのですが、菜園の中は水浸しの体をなしていました!それを見て何から始めようかと迷ったのですが、いつも手持ちの道具を置く場所や水溜め容器の真上を、積雪で折れた玉椿の枝や伸び過ぎた蔓梅擬のツルが被さり障害になっていました。それでまずはそれからと始めました。

幸い、枝切バサミもノコギリも持っていたので、格闘しながら間伐をしスッキリさせていきました。木もスッキリ私もスッキリしました。蔓梅擬は割れたようなオレンジ系の実をつけ、南天も赤い実を付けた枝が少し残っていましたが、今日は暴風雨の予報が出されているので数日後にはまた様子が変っていると思います。

畑では今年初めて植えたニンニク(大蒜)が発芽していました。丁度、チューリップのように芽を出しほっとしました。玉ネギ、ニンニク、チューリップは雪を心配しないでもよいようです。ブロッコリーは押しつぶされ元の植え付け時の苗に戻った感じだったので、ダンポールを使いキャップ上に補強してきました。青梗菜もしかりです。少しは生長の助けになるでしょうか?

最後は畝間の水抜きを試みましたが、なかなかです。今晩また大雨洪水注意報が出されているので数日後にはどうなっているでしょうか?いろいろ忙しい合間の家庭菜園規模の野の作業は、気晴らしと広い世界への窓口のようで貴重です。皆さんも時々は外出されて気の抜けるリラックスタイムをお持ちでしょうか?

師走も宿泊、日帰り、鱈の親子漬他、当館の営業をいたしておりますので、ぜひご利用願います。

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
今月からお飲物メニューに甘酒が加わります。酒粕から作る自家製甘酒を1杯(100ml) ¥200でお出しできます。この寒い季節を甘酒でほっと一息温もりください。

尚、米麹から作った甘酒もございます。味噌作りの最初の段階の麹作りで、蒸米に麹菌を混ぜ込み適温で発酵させでき上がった米麹を使用しました。

酒粕からのはさらさらと飲みやすく、米麹から作ったモノはとろっとした粒感が味わえます。お米のマジックようです!お子さんにはさらさらがよいかもしれません。

好き好きですがどちらの甘酒もご用意できておりますので、飲み比べてみるのもよいですね。

*酒粕は今回は「和樂互尊」を使用しました。寒い期間は続ける予定ですが、米麹からの甘酒はなくなり次第終了します。こちらは100ml ¥250(薄めない場合)。ぜひ嗜飲なさってみてください。

ちなみに日本酒は「朝日山」と「清泉」、生酒は「朝日山」がございます。


# # ちょっと栄養価を覗いてみたところ、体にたいへんなメリットがあるようです。豊富な酵素あり、必須アミノ酸(9種)あり、コウジ酸あり、ビタミンありなど、ご覧になるとよいです。

ちなみ当館の飲み物メニューに入れました。元々は夏の飲み物だったらしいです。自然食感で健康を保てれば何よりですね。
Category: General
Posted by: webmaster
今年の11月は雨の日が多く、最近は霙や霰、雷など日本海側らしい冬の気候に変りつつでしたが、今日、明日はめずらしい良いお天気に恵まれそうです。そんな中、私は久しぶりに土作りの準備ができた自家菜園へ歓び勇んで行ってきました。

10℃を越える日も少なくなってき野菜の生長はあまり期待できないのですが、それでも種を播いた葉菜類が不織布などの被いの下、かすかながら成長を続けています。現在、キャベツがようやくしっかりした巻きが見極められる程度になり、大根の葉はしっかり青々しています。が、種播きが遅かったせいか根はそう太くはありません。今年初めて播いた青梗菜もなかなか生長せず未だに3cm位です。もう青菜類もこの気温では大きくならないでしょうか?

ですが青空の下、青梗菜の間引き菜や鉢のこぼれダネで生長した5~10cmくらいの春菊を別畝に移植したりしてみました。春菊は黄の花の蕾も見られ、これでは食用にならないかもしれないと思いながらも間隔を置きながら植えてみました。他2株のブロッコリーもまだまだの状態です。

おもしろい事に植木鉢から畝の端に植えたスペアミントとディルと思われるハーブが元気に青い葉を見せています。ミントは蔓延るとあったので、別の場所、ニン二ク(大蒜)畝の横に移動させました。その畝の並びはレモンバーム、ニンニク、ミントと少しおかしな取り合わせになりましたが、土の準備上仕方なくそうなりました。春に生長し始めると香りの面で混乱が生ずるかもしれないですね。そうなったらその時に考えようと思います。
ニンニクといえばタマネギも植えたのですが、こちらも今後の生長に不安があります。何か今年はひ弱に見える野菜ばかりになり、春にどう変わるか楽しみと不安の日々になりそうです。

そういえば忘れそうになってしまう収穫ですが、里芋の収穫が本日で全部終了しました。半年余りの長きに渡るわりに収穫は少ないとも感じますが、自分で作るという安心感とゆとりは何物にも替えがたいですよ!

そんなことで、今日は昼飯も忘れ3時間ほども菜園にいました。軽いデイパックのようなリュックサックを背負うのですが、オニギリや飲み物を持参すれば遠足気分です。枯れ木を見ながら今後のガーデン構想をするのも楽しみの1つ になっています。
Category: General
Posted by: webmaster
周辺の山々、平地は紅葉、黄葉のシーズンです。日々、色の変化が感じられる紅葉風景ですが、どのような景色にどのように感じられるでしょうか?

寺泊地内で吉という地名の県道から見える紅葉は今日あたりは褐色めいた黄葉になっていました。この県道から見える樹々風景は1年を通じ、季節の変化が感じられ趣があります。桜の季節は桜が、新緑の季節は青々とした豊かな樹木が見られます。紅葉のシーズンは先ほどのようにシックで少し姥的な枯れ風情に心安らぎます。

null
山の方の弥彦山や国上山は黄から茶褐色あるいはワイン色のビロード風に変わっています。その前は雷鳥の夏羽のような斑らの色合いを魅せていました。自然の造形はすごいですね。1本1本の木に寒気が作用しその違いが現れるのですから。何とも言いようがありません。その自然美をみじかに観られることに歓喜に近いモノを時々感じます。


自家菜園の周辺にもいろいろな木々があるのですが、機会あるごとに調べていたら木の名前もだんだん分かってきました。刈り込んだり移植したりでなかなか作業は大変な面もありますが、木々間にゆとりが感じられるようになるとほっとします。そうすると次は伸びた先端で絡んだり伸長できるかどうかが気になってきます。成り行きに任せていろいろしていると際限なくすることが出てきて止めるのが惜しいのですが、疲れたところで止めるようにしています。

△ △ △ 
寺泊海岸から観ると真ん中の低い饅頭型に見えるのが国上山と思われます。平野の多い新潟県内の道路を走っていると、一つの山でもいろいろに山の形が違って見え、興味深いです。

月パワー、山パワーなど自然から力を与えられることも多いですね!地球の創造に繋がる物だから当たり前といえば当たり前かもしれませんが・・・

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
午前中は雨風の大荒れでしたが、昼前から風のみのお天気になっています。南や西風ということで特別寒いという感じではないのですが、外の活動は控えた方がよい日のようです。

今日は登山のグループの米山登山の日だったのですが、どうなったでしょうか?今年はなかなか参加できる機会がなく、全くの不参加の1年になってしまいそうです。来年は一座でも登りに行きたいと思いますが、それもどうなるかわかりません。海でも山でも自然に触れることは料理を作ったり、自家菜園をしたり、短歌を作ったりすることと並ぶ私の張り合いになっています。

普通の天気では畑へ行く道の1つにアメ横(魚の市場通り)を通るのですが、その時に買い物客の様子を見たりします。でもこのお天気ではさすがに足を向ける気にもならず、数日前に植えた玉ねぎ苗の様子も気になっています。ホームセンターで買った苗の他、自分で播いた苗も植えましたが、鉛筆の太さにまでほど遠い感じでした。でも抜いてみると根はある程度伸びていたので、大丈夫かもと半希望で植えました。

赤、白、合わせてで140株位と思いますが、この中の何株が食べれるくらいまで生長するでしょうか?来年の6月過ぎまで長い月日を経ることになります。
      
青トマトの熟成もそうですが、ほんとに微妙な変化が時間を掛けて現れます。枝に付いた状態で青いままだったトマト4個も11月には全部真っ赤になりました。驚きでした!季節外れに赤いおいしいトマトが身近にあるというささやかな贅沢気分を味えました。

話が逸れそうですが、こんな日の過ごし方はどういったことができるでしょう?年賀状の準備にはゆとりがありますが、それもよいですね. 年賀欠礼状などの場合は少し早目がよいので急ぐ場合もあるかもしれません. 当館内ではここ数日、客室の額縁の絵を入れ替えたり、椅子や観葉植物などの移動をしたりしました. ちょっと変えるだけでも雰囲気や能率まで変わる気もします. たまには雰囲気を変え、心新たに物事に向かってみるのもよさそうです.

ところで、この時季の当店自家特製「鱈の親子漬」の製造を今年も行う予定でおります
そろそろ準備を始めたいと思いますが、従事者が高齢になりつつありますので、せいぜい無理をしないで継続できればと考えています. 若い方でその作業に興味があり、実技をしてみたいという方はぜひ、ご連絡願います. 短期になるか長期になるかはわかりませんが、その他の就業についてのご相談も受け付けしておりますので、宜しくお願いいたします.

*ハローワークへ求人票を掲載していただいております。ご参考ください。
Category: General
Posted by: webmaster
トマトの次はバジルの画像と割烹、和食とはちょっと向きが違う感じですが、トマトはもう日常的に日本の食事になじみ帰化(?)してしている感じですよね。ハーブのバジルも同じようになる可能性も大きいと感じています。

頂いたバジル苗がもともと強い性質なのでしょうか、それとも畑の土によく合ったのでしょうか?今年はその元気をだいぶ楽しみました!ただ生の葉を収穫するとしおれやすく、水の付いたままや冷蔵庫に入れておくとすぐに黒くなり捨てたモノも多くありました。捨てるといっても堆肥になるわけですが、いつももったいなさは消せませんでした。

それでできるだけ早目に加工してしまえばよいのではと気が付き、始めたのがバジルペースト、バジルドレッシング。ペーストの方はオリーブオイルに木の実、粉チーズ、塩などをミキサーで撹拌して作りました。これが美味しい!最初はスパゲッティソースしか思い当たらなかったのですが、最初の木の実ミックスに岩塩でしょうか、それが多めに入っており味の濃いペーストになりました。その後、クルミやアーモンド、ピーナッツなどいろいろ試してみました。それらの味の違いはさほど感じられませんでしたが、塩加減でいろいろ変りました。

ところが、オリーブオイルは値段が高く、サラダ油で作ってみました。ご自分で作るとよくわかりますが、美味しくない!もっとも木の実類がなかったせいもありますが、それで酢、塩、胡椒を加え、ドレッシングにしました。まあまあでした。

その他、それら専用のミキサーを決めたので、今まではタルタルソースをミキサーで作ったことはなかったのですが、今回はそうしてみました。以前「食の陣」でお出しした手作りタルタルソースとはだいぶ違った感じになりました。味は材料の分量によって決まるようですが、滑らかさ、固さなどに違いが出ました。今後はたまにフライに添えて出したいと思っています。

また、ケチャップにバジルペーストを加えると美味しいピザソースになりますよ。
興味があることをしているといろいろ道が開けるものです。開き過ぎてとりとめのないままにならないように注意したいと思います。

Category: General
Posted by: webmaster
リンゴと一緒に入れた青いトマトは約20日後には赤いトマトに変化しました!現在、8個位入っていますが、最初のリンゴ「秋映え」は食べ、その皮を新しい別のリンゴとトマトの袋に入れてみました。皮からもエチレンガスは発生しているのでしょうか?早く赤くなった気もします。

もう一方のミニトマトも青い実がまだ生っていたので、今度はキーウィと一緒に袋に入れてみました。途中からリンゴの皮も追加しましたが、変化は大きいトマトよりゆるやかのようです。

この秋の季候ではトマトは畑ではもう赤くはならないのですね。うっすらと赤みを帯びたモノもあり、そのまま自然に熟成が進むのを待ちたかったのですが収穫しました。まだ他に同じくらいの大きさの4個の青い実が茎に付いています。トマトの寿命は長いモノですね。一番熟した感じのものを食べたところ、瑞々しい新鮮なトマトそのものでした!

Category: General
Posted by: webmaster
だんだん日本酒がおいしく感じられる季節になってきました。日本酒を燗をして飲む機会も多くなりますね。来月にかけ当館で用意されている日本酒をお報せいたします。それは「清泉」です。その他のお酒も事前にご希望を連絡いただければ対応させていただきます。用意できるかどうかはその時次第になりますが。

ところで「熱燗」というのは文字から想像するほど熱い温度ではないのですね。これまで温度計で測ったことはなかったのですが、先日沸騰し火を止めた燗容器にお銚子を入れておいたところ、いつのまにか60℃くらいまで温度が上がりました!びっくりして取り出すとすぐに下がり始め、熱燗温度の50℃になりました。今までアツカンと思っていたのは「トビキリ燗」の燗具合だったようです。計測というのは時々してみるものだと感心した次第です。

焼酎をグラスでご注文場合、「いいちこ」か「二階堂」に限り100ml¥400でお出しできます。いいちこは未開封、二階堂は開栓後数日の状態です(11/6時点)。飲酒の際の水の量はご注文の時にお伝えください。氷は無料です。
お湯割りの場合は基本的にはお部屋の湯になりますが、数分で沸く湯沸しポットの貸し出しも可能です。

その他九州産の「田甚」のラベルの麦焼酎、芋焼酎もございますが、それらは瓶でのご注文でお願いします。

尚、自家製果実酒の梅酒、リンゴ酒については、梅酒は今回はウィスキーも使用しております。リンゴ酒は焼酎20℃で仕込んだためちょっとジュース感覚の飲み物になりました。よって、どちらもお飲み物表の価格より50円引きでお出しします。

ワインはシャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨンを用意いたしました。フルボトル、ハーフボトルともございますので、ぜひテイストをお楽しみください。

寒さに負けないよう、程よい飲酒で健康にお過ごしください。
Category: General
Posted by: webmaster
台風21号の接近により雨風の天気になっています。いつも台風の影響は大したことはないのですが、それでも渦を感じさせるような風の音が聞こえています。そんな中、今日は衆議院議員総選挙投票日でした。いつもはギリギリでも投票に行くのですが、今回はいろいろな心理的な事情もあり、投票所へは行きませんでした。その頃に外の鉢植えを中に入れたり陰に置いたりと、風に飛ばされないようにしました。土用に入り鉢を動かしたりするのもちょっと気がかりでしたが、こんな場合はし方ありませんね。

鉢と言えば目覚まし的初体験がありました。二十日大根(ラディッシュ)の鉢植えを駐車場端に並べて置いたのですが、いつにか葉に穴が空くものが増えていました。諸所雑多な忙しさでそのままにしておいたところ、肌寒い日が続くようになり玄関脇へ移動しました。その際に青い虫のようなモノが零れ落ち、ようやくそれが犯人であることに気が付きました。そしてよくよく観るとその青虫は何とどの茎にも付いているではありませんか!それを割り箸で一つ一つ取り除いたところ15匹くらいになったでしょうか。茎と同じ青色なので気が付きにくく、また3cm位になった成虫は食欲旺盛で全く無念の事でした!

”時すでに遅し”で、紅い大根の収穫は見込めず、その後の鉢に何を植えようか思案を始めました。レタスミックスの種を買ったはいいものの、気温も下がってきたのでなかなか苦心が要りそうです。でもうまく育てられたら身近にサラダ材料が採れるので助かりますね。今は外の敷地内隅でイタリアンパセリや三つ葉がまだ元気ですが収穫を忘れがちです。嬉しいことには春菊のこぼれダネが鉢の周辺に発芽し、それらを平均的に植え替えてみました。育つでしょうか?

屋内では館内の日の当たるところに置いたミント鉢が順調です。シャコバサボテンやアロエもしかりです。別棟のオーディコロンミントにはかわいらしいボンボンのような小花が咲きました。この季節に花が観られるなんて感激です!トマトの赤色変化に次ぐ感動です。

それにしても食害する害虫、益虫の判断はなかなかむずかしいですね。畑やその周辺のジョロウグモを観ても巣の場所などいろいろ考えてからの判断し処理をしています。その状態で寒くなれば姿は消えると思いますが、そのまま見過ごせない事もあります。人にも通じるところがあるようで、自然界から学ぶことは多いです。

» Read More

Category: General
Posted by: webmaster
null
今日は曇り空の下、第39回寺泊シーサイドマラソンが催されました。雨の予報もあった中、降る事もなく終了したことは何よりでした。

今年は当館の宿泊者は少なくチェックアウトの精算まで間があり、苗の伸び始めた玉ねぎに水をやらなかったことが気にかかったのでちょっと自家畑まで車を走らせました。マラソンのスタート前、当館駐車場前の道路も混み合い始めた中、反対方向へ車を進めたところ、行きはいつものように通れたのですが、帰りは進入禁止、通行止めに遭い、信号付近で15分以上走者の流れの途切れるのを待つという事態になりました。お陰様で進めない車の中から、402号線を走るハーフコースの方方でしょうか?いろいろな運動着、ユニフォームやコスチュームで走る姿をしばらく眺めることができました。

人の走る姿というのは人それぞれであることに驚きと新鮮な発見をし、それらは楽しさの反面、日々の暮らしのたいへんさなども想像できましたが、概ね晴れやかさがありました。最近はスポーツで走るという事をほとんど行っていませんが、自分の姿をたまに外から見たり考えたりすることは必要かもしれませんね。

そんなこんなで今年はいつもと違った角度からシーサイドマラソンを観ることができました。みなと公園内は人々で一杯で、テント店舗にお饅頭やおこわ、タコ焼き他の食べ物やお土産品等が販売され、番屋汁のサービスには行列ができていました。レモン水などもあったようですが、人気があるのですね!

アメ横さながらの賑いが近くの公園でこんなにホットで楽しく、広場のようになっているとは気が付きませんでした。公園ステージでは表彰も行われ、晴れやかなアナウンスが流れ大会ムードを盛り上げていました。

来年も行われると思われますので、マラソンや海、魚介類やお買い物やイベントのお好きな方はぜひ一度、お出でになってみてはいかがでしょうか?そんな感想をもった今年のシーサイドマラソン大会でした。
Category: General
Posted by: webmaster
月毎に宿泊料金を見直し、よりご利用しやすいように料金等を検討する特集を始めました。以下は10月の特集内容になります。

・【9品】2食付【部屋食】カニ・お刺身美味しい~海の幸!プラン
土曜、休前日の新館(バス・トイレ付)和室8畳1室3名以上、10畳5名以上のご利用は平日料金で宿泊が可能です。

・同じく新館(バス・トイレ付)和室8畳と8畳【海側】のお1人様の【素泊まり】と【朝食付】宿泊の料金がお得になっています。

ご予約はインターネット、メール、電話等で宜しくお願いいたします。

*たまにパスワード変更等のズレで反映されない場合もございます由、ご了承願います。
«前へ [P.2/32] 次へ»  [全480件中  16件-30件目]  最初 / 最後